中国情報局 ホーム - 語学検定 - 朋友情報 - ヘルプ  
  トップ     中国語とは?     中国語の漢字     発音のコツ     単語を覚える     上達の秘訣     過去ログ  
  中国語学習 - 中国語とは? 
オンライン中国語ネット
1.中国語とは
2.中国語の漢字に慣れる
3.中国語の発音
  • はじめに
  • 基本発音表
  • 発音練習教材(1)
  • 発音練習教材(2)
  • 4.単語を覚える
  • 役立つフレーズ(1)
  • 役立つフレーズ(2)
  • 役立つフレーズ(3)
  • 5.中国語上達の秘訣
  • 中国語上達の秘訣1
  • 中国語上達の秘訣2
  • 中国語上達の秘訣3
  • 中国語上達の秘訣4
  • 6.その他
  • 音声収録講師紹介
  • 1日1フレーズ、過去ログ

  • 56の民族が共存する中国、そこで話される言葉が中国語です。ただ、一言で中国語と言っても多種多様です。まずは、中国語とはどんなものかについて見ていきたいと思います。

    ■中国語とは?=(北京語、上海語、広東語、(台湾語) ・・・・・ etc)

    中国語と聞いて何をイメージしますか?

    「中国人の人が話す言葉」と、漠然として捉えられる方が多いと思いますが、中国は広く、地域によって中国語も色々と分かれています。

    そうした中国で公用語と広くどんな地域でも使われるようにした言語が「普通語」と呼ばれるものです。普通語は、「以北京语音为标准音,以北方话为基础方言,」という概念があらわすように、中国北京を中心とした北の方の言語を基礎として作られたものです。

    よく普通語と北京語が大体同じとだと言われるのはこのためです。しかし、北京語にはれっきとした訛りが入っており、正確には普通語と異なる位置づけにすることができます(下部の音声素材参照)。

    違いを聞いてみましょう(それぞれの「聞く」ボタンをクリックすると音声が流れます)。

    ・普通語普通語を聞く
    中国全土に普及する中国標準語。一般に中国語を学習する場合、この普通語を学習する。

    ・北京話北京語を聞く
    (普通語より音程がやや低く、普通語に比べ、巻いたり、つなぎの語を弱くとり、はっきりさせなかったりと、普通語に比べ一般の外国人には聞き取りにくいのが特徴です。)

    ・東北話東北地方方言を聞く
    中国東北地方で話される言葉、農村レベルになるとそこに東北方言が入ってくるが、一般的には東北話は訛りが少なく、普通語とほとんど変らない。

    ・四川話四川省方言を聞く
    一声、二声、三声、四声などの「声調」が異なるのが聞いて取れる。湖南省出身の毛沢東もこの方言であると言われる。

    ・広東話広東語を聞く
    香港にほど近い広東省を中心に話される。普通語と大きく異なっていることが分かる。

    ・上海話:上海語を聞く
    上海を中心に話す言葉。普通語と全く異なる。
    普通語を習得しても、相手に上海語で話をされると全く意味がわからなくなる。

    ・河南話河南語を聞く
    河南省の方言。声調があきらかに普通語と異なっているのが分かる。

    ・河北(張家口)話:河北省方言を聞く

    ・天津話:天津方言を聞く
    北京に近いこともあり、普通語、北京語ともに近い位置にある方言といえます。

    ・福建話:福建省方言を聞く
    聞いてわかりますように、普通語と全く異なります。福建が「ふぉっけん」と発音されている点は伝播の過程も感じられ面白いですね。

     

    ・峡西話shanxi方言を聞く
    (正しくは左は、山辺ではなく、コザト辺)

    ・山東省(yantai)話:山東省方言を聞く

    ・湖南省(衛陽話):湖南省方言を聞く

     

     

     

     

     

     

    また上海語も日本人に馴染み深いように思います。中国に進出する日系企業では上海を重要な拠点と位置づけ、上海語のできる人材を求めています。皆様の中にも、上海語は同じ中国国内で話されているので普通語と少し違う程度だろう、とお思いの方がいるかもしれませんが、それは全く違います。
    たとえてみるならば、それは、日本の標準語と沖縄の年配の方の言葉くらい異なっており、意思疎通ができません。

    それと同様に、福建省南部、そして台湾地域を中心に用いられる「ミン南語」、福建省北西部、江西省中南部、そして広東省東北部を中心で話される「客家語」、広東省、香港、そしてマカオでよく使用される「広東語」。それ以外にもそれぞれの省や地域ごとに多くの方言などがあります。とりわけ、中国では「十里不同音」という言葉があり、十里離れればもうそこには違う別の言葉(方言)が存在している」と言われてきたほどです。それほど中国の国土は広く、それぞれの地域にそれぞれの中国語が存在しているということです。

    しかし、その地域などに特別な事情がない限り、まずは中国全土で通じる「普通語」をマスターされることが、中国語学習の、そして中国を知る近道といえます。



     

    オンライン中国語学習のTOPへ
    次のページへ


    このページは、株式会社イーコミュニケーション中国語部の提供を受けております。